素敵な結婚式にするポイント集

結婚式で素敵なスピーチの演出

結婚式でスピーチを任されたら、あなたはどんな言葉で新郎新婦を祝福しますか?二人の思い出に残るよう、素敵なスピーチにするための注意点を挙げてみましょう。

お祝いの席では忌み言葉とされているものがあります。「切る」「別れる」「終える」などは、夫婦の別離を連想させるので使用してはいけません。「戻る」「繰り返す」「再度」と「いろいろ」「しばしば」など同じことを繰り返す重ね言葉は、再婚を連想させるのでこちらも使用を控えましょう。忌み言葉は言い換えることで避けることができます。一度原稿を作り、忌み言葉やお祝いの席にそぐわない言葉が入っていないかを自分と第三者にチェックしてもらうのが良いでしょう。

忌み言葉以外にも気を付けるべき点が話題です。新郎新婦の話されたくない過去の話、スピーチをする自分自身の話を長々とする、下ネタ話はフォーマルな場に良く思われないのでこのような話も避けましょう。結婚式の主役は新郎新婦です。そして親族の方、職場などの関係者、たくさんの友人が集まる場です。失礼な発言をしてしまえば、素敵な思い出にするはずが、残念な思い出になってしまいます。

気を付けるべきところを注意して、素敵な言葉でお二人の新たな門出を祝ってくださいね。

写真撮影